時計技術の進化が思わぬ逆風になる

ところが時代の転機は突然やってきます。1969年に自動巻き式クロノグラフが誕生するのです。既に当時は手巻き式=時代遅れというイメージがあった上に、セイコーが「Cal.6139」をスイス製クロノグラフの半値で発売。さらにはセイコーの「クオーツ アストロン」によって、機械式時計の市場自体が壊滅的な状態へと陥りました。

1980年代後半に再び機械式時計の人気が盛り上がってきたときには、完全に自動巻き式が主流となっており、手巻き式クロノグラフはほぼ市場から姿を消してしまいます。そして現在では、ノウハウを維持してきた一部の実力派マニュファクチュールのみが、少量製作する程度になってしまうのでした。

それにしても、なぜ手巻き式クロノグラフはここまで希少な存在なのでしょうか?

理由は手間と価格に集約されます。手巻き式クロノグラフは〝手巻き〞であることが大前提であるため、専用設計が必要となり、パーツのすべてを見せるために、仕上げも完璧に行うので、どうしても生産コストがかかるのです。その結果、自動巻き式との価格差は数十倍にもなります。この状況を理解してくれるのは、よほどの好事家だけでしょう。

しかもトゥールビヨンや永久カレンダーの場合は、動きや性能が重視されているので、新しい素材やデザインを取り入れやすく、時代の変化にも対応しやすい傾向にあります。しかし手巻き式クロノグラフは、大きな進化を求められてはいません。

古き良き高級機械式時計の味わいを、残すことを求められる文化遺産のような存在なのです。そんな状況でも作り続けられるのは、これほどまでにムーブメントの美しさを堪能できる時計が存在しないからです。

つまり、美しい機械を操作したいという愛好家の欲望を叶えるのは、〝手巻き式クロノグラフ〞以外にはありえないなのです。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 私の写真は | 時計技術の進化が思わぬ逆風になる はコメントを受け付けていません。

時計愛好家はなぜ手巻き式クロノグラフに惹かれるのか?

スイスの時計教科書には「クロノグラフとは時計ムーブメントの付加機能で、正確な時間の長さを求められるスポーツイベントや工業用測定、研究や実験に用いられるもの」とされています。

そのルーツは1822年にフランスの時計師ニコラ・リューセックが考案したとされており、1844年にはアドルフ・ニコルによって、スタート/ストップ/リセットという3つの動作が完成。クロノグラフの基本構造が決定しました。

時計業界が腕時計へとシフトしていくと、1910年ごろにはクロノグラフムーブメントの小型化を進め、腕時計にも搭載されるようになります。業界初の腕時計式クロノグラフは1913年に誕生したロンジンといわれ、1923年〜26年にはパテック フィリップが同社初の腕時計式クロノグラフを発表。1933年にはブライトリングが2つのプッシュボタンで操作するメカニズムを完成させ、クロノグラフ機構は熟成期へと入っていきます。

クロノグラフは微細なパーツが多く、ムーブメントの製造が困難です。そのため凄腕のムーブメント会社から半完成品を購入し、社内で加工するのがセオリーでした。1926年にはヴァルジューやヴィーナスなどクロノグラフムーブメントの名門が統合したエボーシュSAが発足し、さらにクロノグラフは高機能化。複雑機構の花形となり、医師や高級将校、経営者ら知的職業が好んで使う格上の時計となりました。もちろんこの時代のクロノグラフは、すべてが〝手巻き式〞なのです。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 時計NEWS | 時計愛好家はなぜ手巻き式クロノグラフに惹かれるのか? はコメントを受け付けていません。

20世紀初期のモーザーの時計を思わせる“クラシック”とモダンの融合

「ヘリテージ・トゥールビヨン ファンキーブルー」は、20世紀初期のモーザーの時計を思わせるクラシックなアクセントがあしらわれています。

ステンレススチールケースは先細のラグと刻みのあるリュウズを装備。しかしクラシックなこのモデルには、大胆な美しさが隠されています。その秘密はダイアルにあります。これは最も人気のあるモーザーダイアルで、時計全体のデザインにダイナミックな趣を添えています。伝統的なスタイルの線路型の分目盛りはホワイト、非常に現代的なコントラストを生み、剣形の針にはスーパールミノバ®が施されています。

独特のアプライド数字には、どの形状と色にも加工できる画期的な素材、グロボライト®が使用されています。さらに伝統的な形式から離れるよう、未加工レザーのストラップには、このモデルの最後の仕上げとして、ホワイトのステッチが施されています。

H.モーザー社はこのモデルについて、次のように語っています。
「このトゥールビヨンに退屈することは絶対にありません。この高級時計モデルの原型は、1900年代のいわゆるスポーツウォッチです。これは、伝統的なスチールケースモデルですが、他のモデルとはっきりとは区別されず、一言で言い表すこともできません。現状を打破していながら、時代に左右されない時計です」

ミニッツ・トゥールビヨンの背後に見える自動巻きキャリバー HMC 804は、H.モーザー社が一貫して設計、開発、製造を手掛けるムーブメント。3日間のパワーリザーブを備えたこのムーブメントを動かすローターは、両方向ラチェット式巻き上げシステムでバレルにエネルギーを 伝達するため、完全な巻き上げに必要な時間が短縮されます。このローターは、その下にあるメカニズムが見えるようにスケルトン加工されています。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 日記2018 | 20世紀初期のモーザーの時計を思わせる“クラシック”とモダンの融合 はコメントを受け付けていません。

王妃もブレゲも亡くなった後に完成した「NO.160」

1747年、スイスのヌシャテルで生まれたアブラアン-ルイ・ブレゲは、母親の再婚相手が時計師だったことが縁で、一般の学校 を退学し、15歳でパリ・ヴェルサイユの時計職人に弟子入りします。

めきめきと力をつけていったブレゲは、1775年にブルジョワ出身のセシルと結婚。その持参金をもとに、時計工房が集まるシテ島に工房を開きます。そして最初に成し遂げた偉業が、自動巻き機構「ペルペチュエル」の実用化でした。

ブレゲの名は一躍世に広まり、フランス王ルイ16世や王妃マリー・アントワネットにも謁見。ゴング式リピーターを開発して納めると、美しい音色が王妃を魅了し、新たな懐中時計の注文を受けます。

「いろんな複雑機構がいっぱい詰まった、どの時計よりも美しい懐中時計を私に作っておくれ。お金も納期も気にしなくていいから」。こうしてブレゲのライフワークとなる「NO.160」の開発がスタートしました。のちに「マリー・アントワ ネット」と呼ばれる超複雑時計です。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 私の写真は | 王妃もブレゲも亡くなった後に完成した「NO.160」 はコメントを受け付けていません。

レディスウオッチ開発が新機構誕生のきっかけに

「フライングトゥールビヨンの開発は、ロイヤル オーク コンセプト初のレディスウオッチを念頭に置いたものでした。この記念すべき時計のデザインには、トゥールビヨンのブリッジという制約を取り払う必要があったのです」(オーデマ ピゲ グローバルブランドアンバサダー クローディオ・カヴァリエール氏)

これまではトゥールビヨンのキャリッジをブリッジで支える構造があれば、オーデマ ピゲのあらゆるデザインが成立していたわけです。

「トゥールビヨンは、ミニッツリピーターなどと比べれば組み立てられる時計師は多いです。が、それは“簡単”ということではありません。新たな機構の開発は、つねに膨大な労力が伴うもの。オーデマ ピゲの品質を担保するなら、なおさらです」

1875年からの歴史に新たな時計表現を加えた、オーデマ ピゲ渾身の複雑時計。大量生産とはかけ離れた、職人の手によってのみ生み出される至高の逸品は、時計コレクターの心を掴む魅力にあふれている。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 私の写真は | レディスウオッチ開発が新機構誕生のきっかけに はコメントを受け付けていません。

アール・デコを象徴する「タンク」の美観とその源泉

昨年100周年を迎えたタンク。時代や技術革新に伴って多くのバリエーションが生まれたが、その原型ともいうべきは、1922年に登場した「タンク ルイ カルティエ」だ。創案者自らの名を冠したこのモデルは、ラグとケースが一体化した縦長のプロポーションが特徴。機能的でありながらエレガントな時計の代名詞として、多くのタンク愛好家=タンキストを擁している。生活防水。クオーツ
1904年のサントス誕生から13年後。ルイ・カルティエが新たな角型時計のモチーフに選んだのは、第一次世界大戦でドイツ軍を打ち破り、フランスの民衆を魅了した連合国軍の装甲車でした。

ソリッドで力強いデザインは、装甲車を俯瞰した形状から着想。なかでも注目はキャタピラーを模した角形の縦軸で、これはラグの役割を果たしています。文字盤に沿って配されたローマ数字のインデックス、サファイアカボションが埋め込まれたリューズなど、王族御用達のジュエリーメゾンとして培ったカルティエのクリエイティビティが細部に宿ります。芸術が産業と共存し、さらには一般化されていった時代において、この時計が持つ意味合いは極めて大きいものなのです。

機能美に対するデザイン思想が進んだ時代。1920年代に流行したアール・デコをそう位置づければ、「タンク」はその先駆けと表現できるのかもしれません。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 時計NEWS | アール・デコを象徴する「タンク」の美観とその源泉 はコメントを受け付けていません。

漆黒の「ダース・ベイダーモデル」

ダース・ベイダーをモチーフにした精悍なフルブラックモデルは、デュラテクトDLCを施したスーパーチタニウム製のケース&ブレスレットを採用。ダイアルの表面に帝国軍の宇宙要塞「デス・スター」の設計図を配し、ダース・ベイダーが使うライトセイバーの色=レッドのクロノグラフ針をセットした。裏蓋には、ダース・ベイダーのイラストとセリフ「If you only knew the power of the dark side(暗黒面のパワーは素晴らしいぞ)」があしらわれている。
シチズン「アテッサ エコ・ドライブGPS衛星電波時計F950 スター・ウォーズ限定モデル(ダース・ベイダーモデル)」Ref.CC4006-61E 税抜価格27万円/スーパーチタニウムケース(デュラテクトDLC加工済み)。デュアル球面サファイアガラス。直径44mm、厚さ15.1mm(設計値)。10気圧防水。世界限定1500本
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 私の写真は | 漆黒の「ダース・ベイダーモデル」 はコメントを受け付けていません。

鮮やかなブルーの「スター・ウォーズモデル」

チタン素地のシルバー色を生かした「スター・ウォーズモデル」のケースとブレスレットは、シチズンが誇る硬化処理「デュラテクトチタンカーバイト(一部、デュラテクトDLC)」を施したスーパーチタニウム製。ブルーダイアルは劇中に登場する武器、ライトセイバーの代表的なカラーをモチーフに、宇宙空間を想起させるラメを散らした。裏蓋には、映画ファンの期待に応える「May the Force be with you(フォースと共にあれ)」の名セリフがあしらわれている。
シチズン「アテッサ エコ・ドライブGPS衛星電波時計F950 スター・ウォーズ限定モデル(スター・ウォーズモデル)」Ref.CC4005-63L 税抜価格25万円/スーパーチタニウムケース(デュラテクトチタンカーバイト、デュラテクトDLC加工済み)。デュアル球面サファイアガラス。直径44mm、厚さ15.1mm(設計値)。10気圧防水。世界限定1200本
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 時計NEWS | 鮮やかなブルーの「スター・ウォーズモデル」 はコメントを受け付けていません。

最上位ムーブメントを搭載する本格機能のコラボウオッチ

年末に公開を控える『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が待ち遠しいファンに朗報といえる、特別なコラボレーションアイテムがリリースされる。ビジネスウオッチとしても高い評価を受けているシチズンのアテッサが、今回、スター・ウォーズと初めてコラボレーションした。発表された2型は、スター・ウォーズの世界観をデザインに取り入れたシルバーモデルと、言わずと知れたキャラクターのダース・ベイダーがモチーフのブラックモデル。カラーリングや緻密な装飾など、随所に映画史に燦々と輝くスペースオペラのエッセンスが盛り込まれている。

両モデルとも、シチズンの最新技術から生み出されたエコ・ドライブGPS 衛星電波時計の最上位ムーブメント、キャリバーF950が採用されている。時刻情報だけならば世界最速レベルの“最短3秒”で受信でき、メインタイムの時針と分針を高速で可動させて正確な時刻を表示。異なる2つの時間帯を同時に確認できるデュアルタイム表示や、リューズの操作だけでワールドタイムを設定可能な「ダブルダイレクトフライト」など、グローバルな活動をするビジネスマンにも便利なクロノグラフになっている。
問:スーパーコピー時計、NOOB工場直販のブランド時計コピー通販です!Ikebukuro777時計店

カテゴリー: 日記2018 | 最上位ムーブメントを搭載する本格機能のコラボウオッチ はコメントを受け付けていません。

新作「ダンディ」コレクション ウオッチ ラージモデル

Ref.W83874-001 62万8100円/ブランド時計コピー自動巻き。ステンレススチールケース(シースルーバック)。サンレイ仕上げのライトグレーガルバニックダイアル。アリゲーターストラップ。反射防止加工のドーム型サファイアクリスタル風防。直径38mm、厚さ9.43mm。30m防水
「ダンディ」コレクション ウオッチ ラージモデル(38mmサイズ)は、シックで都会的な印象のライトグレーダイアルと、上質な“大人のエレガンス”を感じさせるチャコールグレーダイアルの2種類が新たにラインナップに加わった。さらに従来の40mmモデルは、新ムーブメントを搭載して薄型化するリニューアルが図られ、「ダンディ」コレクション ウオッチ エクストララージモデルとして軽快かつモダンにアップデートを果たしている。

カテゴリー: 時計NEWS | 新作「ダンディ」コレクション ウオッチ ラージモデル はコメントを受け付けていません。