バセロン・コンスタンチンVacheron Constantin求める永遠に止まらない

バセロン・コンスタンチンVacheron Constantinとして、世界の歴史は悠久な時計メーカーは、1755年にジュネーヴ創立以来、生産を停止しない。当社は「努力へのこだわりで、”の目的で、そのすべての1つの時計は代表したスイス高級時計水の出ばなのタブ工芸を体現しているバセロンコンスタンチン世界時計業界の地位衆人より一段優れている。
今年の密镶钻の腕時計はとても多くて、特にバセロンコンスタンチン、また、発表屋ドリルの男ものの時計、そして芝柏キャッツアイシリーズとしてリリースされた1項の全体屋ドリルのドリル表とは、「一番高い」の腕時計。ダイヤモンドの数量はもう限界。が、モザイク、カット工芸の追求が永遠に止まらないで、バセロンコンスタンチン業界初出し樟脳火形ダイヤカット工芸、マルタ陀のはずみ車の高級宝石腕時計に採用して隠密式镶钻技術、令ダイヤモンドの光より明るい。
ジュエリー表の芸術傾向も注目、ダイヤモンド、非鉄、宝石珠貝、エナメルなどを組み合わせて作り、文字盤のキャラも折衷。カルティエのd」とLibreアート腕時計シリーズは芸術と造型のモデルで、伯爵のLimelight謎の腕時計もキャラと贅沢の間のバランスを見つけた。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク