改革開放期に出現した四大民族ブランドの2

天王表のボス董观明1952年生まれの香港は、小学2年で中退した彼は、じゅうよん歳でアルバイトを始め、22歳の幾多の曲折を経たに1家のバンド工場し販売員。また六年の苦労を蓄積し、1980年に彼は弟と董观国が創設した伟明金属グループに従事して、スイス、日本の生産のムーブメントの輸出入の貿易と販売業務。1988年、伟明金属グループは広東工場生産規模県開設、自主ブランド――天王表。2001年には、全資子会社の天王電子深セン有限会社を設立し、新たな生産拠点を設立し、生産規模をさらに拡大する。創始者が全体の時計業界に対する理解と大規模な投入によって、天王は製品開発の上でとても独歩的な場所で、異なる時期に主流の消費者の心理をしっかりつかむことができる。今日まで発展して、2010年販売収入、天王表4 . 6億香港ドルを実現し、2011年7 . 1億ドルを実現し、2012年に9 . 8億香港ドルを実現し、約7 . 9億元。飞亚达で、天、依波、ロッシーニ四大民族ブランドNo . 1。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク