狂野アフリカ——シリアス海Laminor 1950シリーズセラ・ポータブル時計

これは、イギリス製銃会社Purdyによって作られた有名なイギリスの製銃会社Purdyによって作られました。同グループに所属しているため、ペナニーとPurdy社は以前から協力していたが、今回はAfra ‘ s「Big Fial」のanimals(アフリカ五大野獣)をテーマにデザインした。セランデザインである以上、それは、表盤に保護機能を提供する金属表のカバーを備えていることを意味し、これはデザインのテーマに銃器と非常に一致していて、動物柄の彫刻にも十分な空間を提供しています。
戦国Laminor 1950シリーズのセラスタイルの殻は、いつも並納海に彫刻された工芸品を表現しているが、ほとんどが動物をテーマにしている。例えば「猿年干支」の3日にチェーン腕時計を自動的につけている。今回の新発表表には、世界でも有名な「アフリカ五大野獣」がテーマで、象(elphant)、ライオン(ライトン)、サイ(rhino)、水牛、サザラシ、生き生きとした彫刻の模様が見事に復元されている。手をたたえる。
表蓋の彫刻は、まずチョークやマグネシウムを通じて全体の輪郭を描き出すと説明し、さらに職人たちが彫刻刀を通して手作業をしているという。その周辺に囲まれた図案、そして「Paneri for Purdy」という文字は、アフリカの芸術作品に由来することで、黄金の素材を象眼したものである。この芸術の創作自体は非常に経典的な派閥であり、Purdy社で生産された狩猟歩射銃の上でよく見かける。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク