オメガの家を訪れて、「スイス、こんにちは!」活力パーティー

2016年8月9日、火曜日、リオデジャネイロ市―1848年、有名なスイス時計ブランドのオメガ(OMG)がスイスの小工坊で伝説の旅を開いた。時間が過ぎて、168年後にはリチルパマウンテンで、オメガのブランドは27回目のオリンピックの正式なカウントダウンを祝う栄光を祝っています。
火曜日の夜の「スイス、こんにちは!」ライブパーティは、オメガの家族のための特別な時間をもたらしたが、同時にオメガは、製表の文化と優れた製表の故郷であるスイスの誠実に対して敬意を表した。
オメガの家は、里城の中で人気のあるパーティーの名所となっており、その夜に再び活気のある夜が上演された。テーマに合わせて、オメガの家はスイスの風情にあふれている。赤い光に包まれ、室内は花や飾りによって鮮やかなスイスのテーマを生み出している。もちろん、香りの強いチョコレートがなければ、スイスのテーマパーティーとは言えない。そのため、バスケットボールが満載の甘いスイスのチョコレートは、メイン会場の舞台のそばに置かれ、お客さんたちに舌先の滑らかな甘い体験をする。さらにサプライズなのは、夜遅くオメガのバース・ベック(Bastian Baker)にも登場し、スイスからの美しい音楽を賓客たちに献上した。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク