カシオG – SHOCKは、台湾のストリートブランドAESと提携して名を連発している

長年にわたって街頭文化の普及に取り組んでいたカシオG – SHOCKシリーズは、2016年の早春と台湾の街頭ブランドのAESとの初共演で、AESは芸能人の黄遠升(小鬼)が2008年に創立され、ブランド7周年を祝うため、日本のトレンド腕時計G – SHOCKと連名し、AESブランド名はAien、Evolution、Studioとして書いて、AESは1軒の店だけではなくて、更に1つの潮流のスタジオ、1つの展覧芸能のようで、絶えず未知の可能性を開発して、一人の成長を強調して、そして自分ではなくて、全体のチームに頼っています。変化が絶えないが、精神的に変わらない、特定のスタイルのないAESのブランドから続けている。
今回のAES x – SHOCKの連名のために、黄貴升(小鬼)の事業版図が司会、歌手、俳優、作家、主理人にまたがる。黄くんは「昔のAESのデザインがイメージ写真まで、私も自ら参加していたので、イメージ映画も自分が役者になって余計なことがあるようなので、今回の監督役を決めるということになりました。今回のイメージ映画は、小映画と言えるでしょう。ストーリーの内容は現代の若者の愛だと思います」情観が出発し、流行の衣装を合わせて構成され、2016年1月19日にG – SHOCKのPARTYで正式に発表される。」
AESが創業してから8年目になったのは、これまで多くの国境を超えたコラボレーション企画が、破天荒とG – SHOCKとのコラボレーションとなっている。黄遠升(小鬼)は「G – SHOCKはずっと私が小さい頃から大好きな定番ブランドでした。特にG – SHOCKと私は1983年に生まれたのですが、これまで一緒に協力したいと思っていましたが、タイミングがまだ来ていないと思っていたので、せっかくの連名を無駄にしたくないと思っています。AESが今までの7周年の成熟段階まで、コスト回の連名を促すことは、私自身もとても楽しく、計画中の夢となる。」

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク