百ダルク5102 Pと6102 Gは愚かな点がはっきりしない

常に表をしている人ではない場合にとっては、些細な違いについては、百ダブリーが5102 Pか、6102 Gか、上周の幸せな同僚は百ダブリー5102 Pと6102 Gを見ることができますが、近くの距離に触れるだけでトップの腕時計の殺傷力を感じることができます。まず外観から唯一無二のもので、機軸を細かく見ています部分、まるで芸術品のようで、最後の感覚はこの時計が所蔵することに値するのです。
100万元以上の腕時計を芸術品と呼ぶことができるので、他の何のカルティエも、宇舶や伯爵などと、高値で高く感じられないほどの衝撃を感じています。市場の値上げは当然のことだ。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク