精鋼顕素、全金富み、中庸の間金表を見てみる

間金表というのは、多くは精鋼+18 Kの金の組み合わせによって作られた表殻やチェーンを指すが、より高級な白金属で間金を作ることが多い。間の金表は非常に識別することができて、表殻は双色で構成することができて間の金表として認められます。通常、間の金表の表殻本体部分は精鋼、表輪部分は18キロである。チェーンは様々なスタイルがありますが、18 K金の多くは中間部分に挟まれています。
金表と同じくPVDメッキのデザインがあるので、一般的なPVDメッキデザインの私たちは間金金と呼ばれています。
2015年にはバーゼルの時計展では金金は多いが、全体の数も少ない。金表に興味がある方は見てもいいです。
オメガは金表の大戸、特に星座シリーズ、間の金表はこのシリーズの一つのスタイルになっています。2015年に「星座シリーズ」を新金として出す。プラザの名は、オメガ星座シリーズの2014年に発売された女装腕時計で、盤面に飾られた羽毛の浮彫りとして人気がある。
2015年に新たに発売された金品プラタリストは、精製鋼+紅金によって製造されていますが、このような材質は2014年にはありません。デザインから見ると、コンマは依然として星座の経典の形で、昨年のような27 mmサイズを採用し、現在の女性の腕時計のサイズに比べて伝統的なものである。盤面の羽の浮彫りは質感を増し、段々急に昇った。また、表輪やディスク面での目盛りを加えて、価格は一般消費者ではない。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク