宝物はあなたが収集する価値のある品物

重金属の応用は往々にして表の価値を高くして、同時に人々のために重視されます。赤銅は、腕時計にはまれな素材であり、日本に原産し、主に銅と金の二つの材質からなる合金である。成分や生地によって、合金は青黒の間にある暗緑色の色を示している。今回の大胆な試みは、さらにその素材や金具芸と腕時計に新たな融合点を達成し、頭の神のイメージ、更に宗教を信奉する人のためにブランドの精神に対する敬意を伝えた。

この時計の目の中に現れると、時間を見に行くのではなく、この絵を探っていく人も多いのではないでしょうか。頭の神のように洗練されたデザイナーの彫刻やローストサイドの色のスタイル、黄金の玉座は手作りの彫刻で、テクスチャは自然で繊細で、細かいところに力がある。このような時計はとっくにカウントダウンの領域を通り抜けて、収集家たちは大切にして収集しています。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク