万宝竜がリスボン航海博物館を携えて、デジタルバージョンのワス科・ダ・ガンマ「Roeiro」を発売した。

有名なポルトガルの航海家では、世界初の海上をインドに遊歴したヨーロッパ人、ワス科・ダ・ガマ(Vascoda Gマ)で、3回の海外探検で記録した航海日誌「Roeiro」が、ポルトガルの首都リスボン航海博物館で開かれてきた。科学技術の発展に伴い、このほど、万宝竜の傾情はリスボン航海博物館でガス科・ダ・ガンマ航海日誌をデジタル化し、2015年9月にはポルトガル語と英語版1500本を限定して、この偉大な航海家を銘記させた。
ポルトガル国王の選派で、ワス科・ダマは、14年7月8日にインドへの航路を探し始めた。千難万路を経て、船団は最終的に好望角を回った。14年5月20日にマラバール海岸のカリークルト付近のインドに到着し、ポルトガルに豊富な香料を持ち帰ったことから、ポルトガルの海外貿易の道を切り開いた。今回、万宝竜が手を携えてリスボン航海博物館を手にしたワス科・ダ・ガンマの航海の旅の中での見聞や風雨は世界の人々に展示され、人々にこの探検家を知るとともに、ガス科・ダ・ガンマへの敬意を表した。
バース科・ガンマの先鋒精神と航海技術の激励のもとに、万宝竜は特に数項の設計精良を作り、精巧で美しい新しい腕時計――万宝竜の伝承Chronomのtreeシリーズを作り、ポルトガルの探険家の精確さと高級製表の精髄を完璧に融合させた。このシリーズの特別版時計はガス科・ダ・ガンマの名にちなんで、世界に知られる探検家に敬意を表し、新たな領土を開拓する冒険精神と、歴史の流れを推進するための偉大な貢献を目指している。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク