西鉄城2016秋冬新品品鏡は時間のリズムを感じます

秋の深い北京は、深いところへの暖かさと、まばゆい金色の銀杏を飾る時間だった。最近、多くの腕時計界の人々とメディア、「愛と詩」の27 Coreが集まって、午後の自然な太陽の中で、西鉄城2016年秋冬の新品がもたらした、時間の速いと遅い、愛と詩を感じる。
「愛と詩」は、生活に対する情熱であり、周囲の環境に対する関心であり、未来に対する無期限の約束である。2016年は環境保護のために生まれた光動能技術の誕生40周年にあたる。40年、西鉄城は光動能の基礎として、絶えず新しい技術と技術を開発し、時間と腕時計の本質を探求し、技術と美を使って、人々の生活様式に新たな想像をもたらす。西鉄城の「技術」と「美」をアピールするため、日本真子学院一級花芸教授の張盛氏と、西鉄城技術教育センターの堀泰平さんがゲストとして、品鏡に展示された三つのシリーズを代表して解説と共有を行う。
西鉄城とのコラボレーションについては、「西鉄城は日本では非常に有名な時計ブランドで、時計や花芸のように時間がかかっている」と語った。張先生は今回展示された3つのシリーズの製品が人文の雰囲気に富んだテーマの生け花を設計して、時間を更に詩的にする。
花言葉の風詠・朧月シリーズは、日本のデザイナーの藤本壮介さんとファッションジャーナリストの生駒芳子さんが顧問になります。「光」を腕時計の主な原動力とするほか、日本の伝統工芸の代表的な西陣織と漆芸を取り入れ、腕時計を内訳にした光華になっている。張先生は「漆芸と西陣織は日本の代表的な工芸品であり、漆芸は日本で最も一般的な素材であり、私自身は漆芸で作った花器を使ったことがある。西陣織は非常に有名な高級織物であり、着物のベルトを使って、正装と服を組み合わせて、西陣が帯を織る価格である。着物と同じように、とても大切です。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク