うろうろしてやっと手に入れたイミヤL 2.763.4.52

何かの巡り合わせであろう。私の仕事は長年出張しなければならないため、昔は飛行機が延勤するたびに、待合室に座ってウェブページをブラシにすることしかできません。ちなみに、以前はチャンスがあって、搭乗したり、転機したりして免税店を通りましたが、時計を買いたいとは思っていませんでした。今考えてみると腸が後悔している。
今年の年末にはまた空港に引っ張られました。ホールの中にはちょうど家のある波のお店があります。もうすぐ父の誕生日を思い出して、この石英表ももう5年も経っていた。
時計を買うからには、初めからずっとぶらぶらしていたのを思い出す。たくさんのスレと上手な写真も見ました。ときどき脇を向いて聞くと、父は風邪を引いていないようだ。最後に、他の誕生日プレゼントも買いました。最後に自分は中毒し、3年のアルバイトを手に持っていた。自分に整然としないように、ひそかに思っています。そうやって始めました。
期限初めに見たのは徳表区で、Namosのバウハウスに毒されていたのですが、結局、複雑な注文とアフターサービスはやめました。
二週間以上の掲示板やホームページをぶらぶらしていましたが、何度も波ピアノコーナーに行ってみましたが、いつまでも考えずに何か足りないと思っていました。
ある日の光明媚な週末の五角場の1つのコーナーで、サプライズで発見された波の持ち主の展示台には、名匠でも軍旗ではなく、目にしたことのないスタイルである。初めて試してみると、これだとわかった。最後は何度も折られて、やっと私の腕時計を待っていた。
一晩を待って、誤差は2秒で、翌日は高採をして南京路のハンディに行ってベルトを切った。実際に着用すると、誤差は毎日+3秒。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク