スイスへ「瑞表」スイス旅行攻略

もしかすると、中国でシルクと磁器を買うように、スイスで「瑞表」を買います。腕時計の後ろにつながっているのは、深い文化の背景です。
通常、ヨーロッパの多国籍観光チームはスイスでのスケジュールはとてもコンパクトで、スイスの名城をぶら下げて、美しい景色は絶えず“殺殺”カメラのメモリ空間で、財布の中の銀は何も使いません――本当に観光客に残したショッピングの時間はゆとりがありません。そこで、明確な予算があり、十分な行いや腕時計の知識にほぼ認知されている人たちが、スイスの名表の高い価格位と華貴の姿を前に、何度も効果的なスイスの「タイム購入表行動」を完成させた。
時計は中国人が九百数年前の北宋時代に発明された。しかし今の「世界の時計の都」は、地球の向こうのスイスである。
ある世界の時計界の権威のある書誌には、「現代の機械時計に使われている捕り器は、中国古代のソロジの発明に由来している」と書いている。時計機械と天文観察器を結びつけて以来、原理的には完全に成功し、ヨーロッパの時計業より6世紀以上も先行しているという。
15世紀の後期、ヨーロッパの時計学は主にドイツとフランスに集中しています。前者は時計で、後者は腕時計で、その時のスイスは宝石で名を馳せている。西暦1735年、スイス人のBMWはスイス西部のジュロ山地で製表工坊を創立しました。これは世界で初めて登録された時計ブランドの誕生を示しており、スイス時計業も「職人の時代」から「ブランド時代」に入っています。
スイスのトップ時計の名城ジュネーヴで、製表の職人の中には、行会の前に一緒に祈るという伝統がある。このように生まれた腕時計は職人の心血を注いでいるだけでなく、家族の栄誉にも見込まれている。
手作りと機械器具を作る時計の国では、一人一人の職人が、完璧な腕時計を作って一生の栄光として作っている。製表師にとって時計の「しずく」は聖堂の鐘のように高貴である。「制表」は人生の信仰の場で、スイスの時計は世界では右に出てはいけない。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク