BMW -蘭ボキニアジア大会に挑戦した珠海駅の激情の幕

終わったばかりの週末には、イタリアのスーパースポーツカーメーカーのランボキニとスイスのトップ腕時計ブランドのBPPerと一緒に作ったBPPer Super Trofanアジアの挑戦は、中国の珠海国際レース場に初上陸し、港珠マカオ地区からの観客には見逃せないレースの宴を献上しました。
日本の富士の涼しい1駅を経験した後に、車手たちは中国南部の珠海で再び亜熱帯の季節風の気候のもたらす暑さを感じます。挑戦的な富士コースの足取りとして、中国初の国際標準コースとして、車手にとってはさらに緊張感のある競技が楽しめる。
本駅の試合は国内のファンに人気のある自動車の試合です。珠江デルタスーパーレーサーの重要な構成部分で、試合は華南と香港マカオ地区の観衆を引きつけて、週末の2日間はスタンドがいっぱいになっています。来場者は、V 10のエンジンを搭載した蘭ボキニGolardo LP 570 – 4のSuper Troferの登場で歓声を上げたが、これにも参加させていただきました。今回は、このサイトに参加させていただきました。
土曜の初試合では、11号車隊のAkihコNakay / Hironori Takeuchiと69番のZen Lowスーパー・クリルが一度、領有の位置に立っていたが、最終的には本土の車手JiangXinを持つ9番のチームが並んでいる。今年のリーグ戦のショー、孤軍作戦の12番の車手、タヒヤツキは、試合の最後の段階で11日と69番のレースを超え、本戦の亜軍を獲得し、同時に第2グループの優勝となった。今回の試合で最も安定したのは、24号車隊のDilanshamuwa/Ken Urayの組み合わせで、全試合で上位3位を保持し、最終的に試合を獲得したシーズンである。
日曜日の試合はさらに迫力があり、11号は開場第2回で1分38秒984の本館が最高の成績で、9番車は13回目となって1度で7位に転落した。しかし、その後の試合では、現場の観客から優勝車手の優れた技を身につけていたが、Max Wiserは9番の車を運転して前の車手を超え、再び優勝した表彰台に立った。12号車隊のToyykkkkkiもまた、この試合のほとんどの時間帯が領有の位置にあり、試合の最後の3周になってやっと9番隊の車手に追い越された。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク