LonGINEC復古腕時計原汁原味30年代風

LonGINEC復古腕時計、原汁の原味は30年代のスタイル。いわゆる復古設計というのは、ある空気を求めているのではなく、特定の表を取るものを持つのではなく、複数の時計の特徴を融合させているのではないか、というのは、ある時期の時計を示す集団スタイルである。そのため、複古の腕時計には腕時計よりも弾性のある取材範囲があることを定義していますが、現在一般的な復古表はほとんどその形のように機能していないということですが、現在の大環境では、実は簡単な実用金はかえって消費者の時計の欲求を動かすことができます。
今回は、2つの5万未満の3針の日付の復古設計腕時計を紹介して、それらは多かれ少なかれいくつかの古い時計の遺伝子を持っていて、しかし内在の核心はとっくに自動機のコアになって、身につけている人は1つはOワールドSchoolの落ち込みの味をつけて、同時に更に便利で実用的な腕時計の品質を享受することができて、だから身につけて現代の表迷たちにあります。これは確かに幸せです。
表金自体は、1935年のブランドがチェコ空軍のパイロットが作ったアンティーク時計で、時計の中の枕形の殻、表輪銭紋、指針スタイルが1930年代の腕時計デザインスタイルを反映していて、古いプレイヤーにとってはかなり魅力的だ。オリジナルの表径サイズが41 mmで、このような大きさになるのも、懐中機軸(飛行用表としても関係がある可能性がある)が搭載されているため、復刻版の42 mmは実は元々の大きさに近い。
表のもの自体が持っているのは、それが表殻成型であり、枕の殻は正しく成形することができ、難易度はもともと純粋な円殻や甲羅よりも高いのですが、これは基本的な形以外にも多くの切面と稜角があります。高級時計のあるべき内収束があるが、それによっては、表の全体的な表現はまだ圏点であるが、特にその価格に合格したもので、このような完成品はほとんどすでに超水淮と言えます。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク