ショパンL.U.C FullStrike3は表しに独自の特色を持つ音質を持ちを聞きます

ショパンL.U.C FullStrike3は表しに独自の特色を持つ音質を持ちを聞きます。それの出したのは鳴いて音金属の類の氷のように冷たいのあるいは、ぎこちない感に付いていないで、非常にふくよかでまろやかで潤いがあって、澄みきっていてきらきらと透明な感覚です。その音階はdoとfa2つの音符を加減するので、音は長くて長い間続いて、余韻は漂います。段階の豊富な音色もいまだかつてない山頂の峰に達して、これが初めてサファイアの水晶を採用して音源を出しにするのため、その上サファイアの水晶の自身も音を拡張する役を演じました。

最後、L.U.C FullStrike3は表す鳴り響く強さに突然世間をあっと言わせるなのを聞きます。ショパンが表しにとって、音の強さの最も優先的に別に達しない目的、もし強さを獲得してどうしても音の品質に命を捧げなければならないためです。当腕時計はリードを打って12.59分の16秒を知らせる中で、その音はバランスが取れていて一致する方法で出すので、このように獲得しにくい鳴り響く成果の本当に表を作成する一大の壮挙に達します。

共鳴音の間

音楽にとって、時には音声がなく勝って声がして、沈黙と楽音は同等で重要です。3が時計を聞きにとって、静かな音段階もおなじな重要性を持って、そこでショパンはこの方向に向かってL.を研究開発しに来ますU.C FullStrike3は時計を聞きます。その調節器、設置してリズムのモジュールを提供するの鳴り響くになって、1つの回転の部品で、しかし8時に位置は見ました。調節器は通常音を出してブンブン、しかし08.01―Lのチップの調節器は全くいかなる音が聞こえません。普通は鳴り響いて設置してのモジュール時にはでメロディーが終わる後でひとつの音、しかしL.を出しますカタッU.C FullStrike3は表しにこのようにできないをの聞きます。その上、当腕時計が1つの3を改善して最も人に頭を悩まさせる問題を表しを聞いて、つまり時間を知らせる最後の1回が申し込みと第1声の間の静かな音段階を刻んでいて恐らく知らせるのが時計を刻むのが異なって長さが一様でないのに従います。

確かに、一そろいを打つ全体が鳴り響いて時間を知らせる段階は1段が時間を知らせるのがあって、1段の新聞は時計を刻んで、それからまた1段の新聞の分を加えて、その中は通常乱暴で長い静かな音の空白があって、この時つける者は根気よく必ず待たなければならなくて、時にはまた(まだ)疑問の腕時計がまだ運行しているかどうかができます。しかしショパンの08.01―Lチップはこれらの長すぎる静かな音段階を自動スキップで、それの精巧な構造のおかげで、、それの時に刻んで、分ける歯車は重なり合っている構造で、そのためお互いに影響を及ぼすことができて、その中がひとつのリードを打ちを終える時に、自動的に次の構造が回しをスタートさせて、続いて何回たたくのにも関わらず、その間のリズムはすべて不変で一致するのを維持します。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク