チップの運営更に安全と信頼を譲ります

3は複雑で精密なインタラクティブ構造を表して表を作成していてなしと類比を称することができるのを聞きます。運営する部品はとても多くて、だから壊す可能性も引き続き増加します。そのため、ショパンは特に08.01―Lチップのために3チームを設計して安全で構造を防護して、チップを保護するのが誤ったを操作するため受けるのを免れる損です。鳴り響いて時間を知らせる動力がシステムを備蓄してもひとつの結び付けて片側だけある歯の歯車があって、動力が不足する時、オートマチックステイの3が表す鳴り響く機能を聞きができて、だから腕時計は原動力が足りないのため完全なのを行って鳴り響いて運営することができません。

一方、時間を知らせて構造の動力が機能の引き上げを備蓄して最高な程度に着くでしょうため、ショパンは08.01―Lのチップのクラッチの上で1つの精巧な構造をロードして、そしてこのため特許を申請します。この構造は相当するのとから時クラッチを譲って、調節器は運行しないで、ただすべて席につく時、時間を知らせる構造はようやく運動エネルギーを使うことができます。

鳴り響く構造は中を運営していて、冠とチップを表して切って連結して、だからこの時時間の動作を調停することができなくて、これがチップが壊しを招くためです。冠の上を表していて時間を知らせて押しボタンがこの時にも制止させられるのをスタートさせるのを設置して、もし油断する再スタートの一回のこの構造のため、悪質に鳴り響く構造のクラッチに着きを強制するのができます。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク