機械表の発条の問題の機械表はどのくらい切れますか

昔の螺旋形発条の半数以上が高炭素鋼の製造を応用して、疲れた強さは低く、数年後に発条すると断裂している。現在の国産機械表は、ステンレスやドリルの合金として作られたS型ティソ表発条を広く適用しており、高強度、高弾性係数、高疲労強度、耐腐化、防磁気のメリットを有している。足のエネルギーが貯蔵して、時計機の走行時の精度を向上させることができます。
機械表
もともとの動力機構の中の発条品質の敵のカルティエスーパーコピー腕時計の歩く機能には緊張の影響があります。それは、入力したトルクではありませんが十分ではありません。機械の時計の発条の事の道理は、発条が次第に迫ってきて、トルクの増加に従って、回転幅は必ず増大する。行輪の配置幅は依然として需要の肯定的な幅に達することができないならば、要求の発条の入力力は十分に十分であることができるかどうかを考えます。大会を入力したことがあります。発条はどんな時にも大きな動揺を示しており、回転機構の1回の振動を経験する時間も変革して、腕時計が歩いている時には早い時の遅い兆候が現れる。
手の上弦にしても、自動的に弦を入れても、上弦の動力をセットの箱に蓄えて、ゆっくりと均一に解放されます。通常の機械表は、満弦の場合は三十時間以上歩くことができます。
機械表は自動と手動です。自動的に全自動と半自動に分けます。
自動表というのは、本当の意味での自動ではない。実際には「受動」であり、使用時に着用しなければならない。腕の動きで腕時計を動かす。腕時計が揺れ動く時、中の偏心輪が回転して、また歯車が切れます。更に発条を通じて規則正しく張力を放出し、カウントダウンの歯車を回転させる。そのため、人々はまた機械の自動表と呼ばれる。自動表をつけなくても、しばらくしてから張力が切れて、自動表も止まってしまいます。
だから、止められた自動表を身につけておくと、普通はいい時間にして、マニュアルを使って時計を足に入れて正常に回転させて、仕事を始めましょう。そして、それは必要ではない。自分が自分に発条してくれる。しかし、毎日使用して、腕時計をつけないといけない。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク