表の中で硬漢は1人の宝の五十路の前世の今生を話す

先日、ロレックスの小売店に来た店で撮影活動を行ったことがあり、撮影中のほとんどの男性のお客さんが、ロレックスの「水鬼」について聞いていました。このような売れた製品は、現物がないということではないですが、各掲示板やサイトでは、潜水表の姿が随所に見られています。水表の偏愛。今日私が言うのも潜水表ですが、それは歴史の第1の潜水表であり、宝石五十キロになっています。
宝石五十路さんといえば、その歴史に触れざるを得ない。1952年には、BMWの最高経営責任者を務めたJean- Jaccues Fiectier氏は、潜水運動における経験と需要を基礎として、潜水に適用する腕時計を作った。この腕時計は「五十路」と命名され、世界初のダイビング腕時計となった。ここまで読んでみると、「キレ」に対して好奇心があるかもしれませんが、なぜ名前で使われているのでしょうか。「ジョーク」とは、深さを測る伝統的な量の単位である(2腕を代表して広げた長さ)であり、その時、海深を測量する方法は、ハンマー線を海の中に投入し、それを海底から引き延ばして、数を計算することである。
世紀50年代、フランス海軍は「Nagurs deコミック」というエリート潜水部隊を設立した。平人が深い海で任務を実行することを保証できる時の腕時計を見つけたい。しかし、当時の市場では、フランス海軍が制定するような要求を満たすことができなかった。急いで探した後に、Robt・ボラ・Maloubier上尉と潜水部隊の創始者・クラフト・Rifod中尉は、宝鉄製表所に計画を委ねており、依頼内容は深海高圧に耐えることができる。そのためには、海軍による潜水表を専門に設計し、50キロでフランス海軍の制式装備となった。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク