ラグ月相は、サクソンの月研究の注目の成果を目撃した

天には名月が人を魅惑していて、千百年はいつも元気になっている。サクソンでもこのように、この地球の衛星は、その運行の軌跡や生活の各方面への影響で、庶民や学者、支配者を魅了している。16世紀には、サクソン選帝侯オグストは天文学と月の研究に基礎を作った。ヨーロッパ初の大型科学機器やツールシリーズドレスデンの「芸術と奇趣館」(art chamber)が、きょうは「数学の物理サロン」(Mathmatics and PHsics Salon)の前身である。
興味の多いサクソン選帝侯オグスト(1526 – 1586年)は、精密機械、鉱物学、製図学などの異なる範疇において豊富な経験を積んでおり、同時に科学と芸術にも情熱を持っています。オクスターは特に夜空を見ることに熱中しています。彼と学者の個人関係やその時の志を通して、さまざまな天文機器を取得しました。ドレスデンの「数学の物理サロン」には、オクスターとの関係が密接なヘッセン州-カッセルの領主ウィリアム四世(WiliamIV)のコレクション:エバハド・アワドウィンの惑星時計が陳列されている。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク