2018年第3四半期における中国の着用可能設備は前年比12.5%増加した。

IDCが「中国着用可能設備市場四半期追跡報告」を発表した。2018年第3四半期の中国の着用可能設備市場の出荷台数は1450万台で、同12.5%増加した。
報告によると、基礎着用可能設備(第三者応用に対応しない着用可能設備)は同2.2%増加したが、スマート・ウェア・デバイスは同74.1%増加した。その中の小米、ファーウェイ、歩歩高、360と五洲の無線の順位の出荷量のトップ5。
同時に、IDCは未来のスマートウォッチのブランド時計コピー発展は三つの傾向があると予想しています。2、健康はスマートウォッチの次の重要なシーンの開拓方向になります。3、独立した4 Gと音声アシスタントはスマートウォッチの技術発展の傾向になります。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク