マシュー・フィッツ・パトリックはオメガのヨーロッパ巨匠試合の優勝を保持しています。

2018年オメガヨーロッパマスター戦(OMEGA European Masters)はクライン・モンターナで円満に幕を閉じました。イギリスからの選手マシュー・フィッツパトリックが2年連続で優勝しました。今年はオメガの名を冠したヨーロッパ巨匠戦の18年目で、マシュー・フィッツ・パトリックが見事なプレーで優勝したことにオメガは誇りを感じています。マシュー・フィッツ・パトリックは優勝賞金、トロフィー、優勝を象徴する赤いジャケットのほかに、オメガ海馬シリーズのアクア・テrraから臻天文台までの時計をプレゼントしました。
オメガグローバル総裁兼CEOの安世文さんは試合を観戦した後、「マシュー・フィッツ・パトリックの優勝を心からお祝いします。四日間の試合で高度に集中した状態を保つのはなかなか容易ではないです。彼の正確な球技と落ち着いた心理状態で一挙に優勝したのもオメガが提唱している品質です。私たちもすべての選手に感謝して、忘れられない試合を見せてくれました。
最後の試合当日、オメガは3つのゴルフ分野のオメガの有名人大使であるローリー・マクロイ、セルジオ・ガルシア、トミー・フリートウッドが2019年のオメガヨーロッパ大師団戦に参加すると発表しました。世界トップ3のゴルファーはきっと観衆のために心を奮い立たせる試合を見せます。ブランド時計コピーオメガは来年のクレンモンターナ競技場で彼らの姿を見ることを期待しています。
ヨーロッパマスター試合は1923年にスイスオープンから発展しました。2001年からオメガの名前で協賛されました。スイスはヨーロッパマスター試合の開催地であり、オメガブランドの発祥地でもあります。同じスイス出身のこの試合と協力できることを、オメガは誇りに思っています。スイスの歴史ある伝統的な試合として知られているだけでなく、競技場の周辺の雄大な山間風景も選手と観戦者を楽しませてくれます。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク