北京時計——耿楽光輪以外の心の選択

耿楽といえば、みんなの第一印象には「文芸」の二文字が浮かびます。「太陽の光が輝いた日」「春の地下鉄へ」「旅路」は、数々の有名映画監督の中で、その演技力と顔の価値がオンラインになっている文芸男神である。クラスの出身ではないとはいえ、芸能界には天賦の才能を備えた俳優が数多くいます。
他の流量の小生と違って、耿楽は芸能界でずっと露出率が高く、高収率の俳優ではないです。彼自身がインタビューで「彼は勝ち気だが、勝ち気ではないので、誰とも比べられないが、自分の分野では自分が一番いいと思うようにしてください」と語っているようです。スポットライトの下で追求する焦点となることに未練がなく、より多くの時間をかけて作品を磨きます。前に彼は中国語の映画「カーニバル」を持ってベニス映画祭の国際的な征途に足を踏み入れたように、観衆に映画とテレビの突破をもたらすように努めています。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク