アップルの新しい特許のFaceTimeまたは腕時計Watchに表示されます。

この技術は遠隔会議である発言者の動画をキャプチャーしたり記録したりするために使えるもので、腕時計に頼ってこの仕事を完成させる人にとっては、本当に「疲れて面倒」な仕事だということが分かりました。ワイドカメラを使用して、腕時計のユーザがカメラを発言者の顔に大きく合わせることを許可し、顔認識システムを使用して「ユーザの顔を中心とした裁断画像を出力し、ユーザがカメラの位置や方向を移動した場合でも同じです。これは顔の出力の一貫性を維持しながら、ユーザーの腕と腕をより快適で自然な姿勢に保つことができます。」
ユーザーが他の角度から腕時計を楽に握ることしかできないなら、例えば顔の下からでも、正面から人物を撮ろうとするなら、この特許も有効です。二つのカメラからの画像を組み合わせることによって、写真と動画は所望の角度で撮影されたように見えます。
特許に記載された技術は、この腕時計の所有者がレンズを広い領域に向けることを可能にする。広角カメラの使用は、ユーザが写真やビデオを裁断することを可能にし、得られた画像が撮影対象の人にフォーカスされるようにする。この技術を使うと、試合後の画像の編集が簡単になります。ほとんどのスポーツ試合で、各得点のキーパーを簡単にフォーカスします。
この特許は2018年11月13日に獲得したもので、特許番号は10129503という。この特許の最初の出願は2016年9月20日に提出された。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク