「ハート派」|カモメが2018香港時計展に出展

9月4日から8日まで、第37回香港時計展覧会は香港会議展覧センターで開幕しました。カモメの時計は「国際的な有名なコレクションが集まっている」展示エリアに展示されています。カモメの数十種類の機械心品種と新品の腕時計を集めています。
今回の香港時計展3階E-C区の60平方メートル近くのカモメの展示ブースでは、正面に腕時計ウブロコピーをはめ込んだ「壁」が突然立っています。カモメの新商品数十枚が透明な展示カバーの中にぶら下がっています。最新の技術成果を凝縮したカモメの「胡麻チェーン」機構の機軸と、西洋文化を融合させた様々な透かし彫りの作品などが鮮明です。目の保養をする。
同時に展示されている「カモメ」は今年発売された一連のハイエンドの複雑な技術腕時計の新製品で、現在のドラフト腕時計の最先端を代表する立体ドラック腕時計「奇翼陀飛輪1号」(ST 8520 GC)は、単軸の「陀飛輪」を「多軸陀飛輪」に拡張し、速度調節機構の動き方は二次元空間から多次元空間に引き上げられ、その動きの軌跡はさらに大きくなっています。複雑な同時、地心の引力を相殺する能力も昇格されて、内軸の陀飛輪のフレームと外軸のフレームは航空の材料を採用して製造して、“陀飛輪”はそれらのため“身が軽くてツバメのようです”、精度を更に高いレベルに達成することができるだけではなくて、歩く時の継続性もとても大きい昇降の空間があって、進級する腕時計の外殻の鏡、表の底と側面はすべてサファイアの水晶を採用して、便利です。より透過的に機心を観察して立体的に動く。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク