Apple Watch秋の新作は、フルスクリーンデザインを採用する予定です。

全面的なスクリーン技術の携帯電話への応用と普及に伴い、スマートウォッチの画面は常にみんなが突っ込むポイントであり、外部メディアの最新情報によると、アップルの秋の次世代Apple Watchは全面的なスクリーン制作技術を採用する見込みで、その外形における最大の変化は、四辺などの幅を持つ超狭い全面的なスクリーンデザインを使用したことで、伝統的なスマートウォッチと同等の面積内に増加した。もっと多くの使用空間を加えて、視覚的に簡単で実用的です。
暴露の詳細から見ると、新しいApple Watchは全部で二種類あります。そのうちの一つは40 mmバージョンで、もう一つは45 mmです。比較として、Apple Watch 3の2つのバージョンはそれぞれ38 mmと42 mmで、最も直感的な違いは、スクリーンサイズが増加したことである。
単純な数字はあまり感じられないかもしれませんが、漏洩達人のBenjamin Geskinは2つのバージョンのApple Watchの画面コントラスト効果図を描きました。新しいApple Watchはより狭い枠を採用していますが、本体の四隅を丸みで処理していますので、効果は非常に良いようです。現在は周辺メディアからのニュースです。アップルはこの設計技術を採用しているかどうかは、さらなる確認が必要です。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク