Appleの心拍数は97%正確で、Samsungは世界第2位にランクされています。

Appleが睡眠追跡会社Bedditを買収して以来、Appleの動きは段階的に健康分野に近づいていることがわかる。最近、カリフォルニア大学の開発チームと心電図アプリケーションによる研究によると、Apple Watchに内蔵された心拍数センサーは、異常な心拍数を検出したときに97%の正解率を示します。この調査では、Apple Watchで心拍数を検出するためにCardiogramアプリを使用した6,158人のユーザーが参加しました。ほとんどの使用者は正常な心電図を持っていますが、200人は発作性心房細動(時々不整脈)を持っています。

一方、モバイルオペレーティングシステムは、AppleのiOSとGoogleのAndroidに分かれていますが、スマートウォッチ市場では、AppleとGoogleのwatchOSやAndroid Wearシステムに加えて、実際にはSamsungのTizenシステムがあります。 Androidの市場シェアもAndroid Wearよりも高いです。 Tizen Expertsによって提供されたデータによると、今年の第1四半期に、SamsungのTizenシステムはAndroid Wearを超え、世界第2位のスマートウォッチオペレーティングシステムとなり、19%のシェアを持ち、GoogleのAndroid Wear(18%)をわずかに上回りました。 AppleのwatchOSは57%の絶対的優位性でスマートウォッチ市場を支配しています。すべてのテキストの中で、よりエキサイティングなコンテンツ!

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク