Apple、Swatchとの広告スローガン対決に敗れる

スイスの裁判所は、Swatchグループが「Tick different」というスローガンを使用することを許可しました。そもそも一体、両社のあいだに何があったのでしょう?

きっかけとなったのは、NFC搭載で決済機能がついたSwatch BELLAMY(スウォッチ ベラミー)の広告キャンペーンにおいて「Tick different」という表現が使用されたこと。2017年4月Apple社は、この表現が1997年〜2002年に用いていたスローガン「Think different」にきわめて似ていたことから侵害を申し立てたのでした。

日本ロレックススーパーコピー専門店。NOOBスーパーコピー時計老舗、レプリカ時計高い品質、送料無料。2019工場直販「10%OFF!更に5%ポイント還元!」

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク