Appleも他社の広告から着想を得ていた

アメリカでは立て看板やバス停などでAppleの広告を打ち出していたApple社ですが、どうやら90年代後半のヨーロッパでは巨大な広告キャンペーンをやっていなかったようです。

ロイターによると、Appleの「Think Different」キャンペーンがスイスで広く知られていなかったことを指摘し、Appleの主張を裏付ける証拠が十分でなかったことから、スイス連邦裁判所はSwatchに勝訴の判決を下しました。

「Think Different」の広告スローガンは、北アメリカを中心に過去数十年の間でも強く記憶に残っていると振り返る人も多くいるのだそう。ところが、じつはAppleが完全にオリジナルで生み出したというわけではなく、当時PCメーカーとしてAppleにとって最大の競合と考えられていたIBMが1935年にキャッチコピーとして使用した“Think”から来ているのだといいます。

こうなるともう、Apple社にとって今回の裁判をやる意味がどれほどあったのか気になります…。

2019最高級Nランクの パネライスーパーコピー通販です。当店の パネライコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク