A.ランゲ&ゾーネの世界限定1本の時計は果たしていくらに?

今年5月、ジュネーブの「フィリップス」にて開催されるオークションにA.ランゲ&ゾーネの「1815“ウォルター・ランゲへのオマージュ”」が出品され、オークションの収益金は、心身に障害をもつ青少年の支援活動を展開するチルドレン・アクション財団に寄付される。

出品作のオリジナルは、2017年1月に亡くなったウォルター・ランゲ氏に捧げられた1本。最大の特徴は、内部に搭載した特殊な“ジャンピングセコンド”機構だ。2時位置のプッシュボタンを押すと、文字盤センターの専用針がスタートし、一般的な秒針のように小刻みに動くのではなく、1秒刻みのステップ運針を行う。この機構はフェルディナント・アドルフ・ランゲが1867年に発明し、ウォルター氏の祖父エミールの時代に実用化され、氏にとってお気に入りのひとつだったという。

今回、従来の金無垢のケースはSS製に、シルバー文字盤はブラックエナメル仕上げに変更された。そして生前、不遇な環境におかれた若者の健全な成長と幸福を願った同氏の遺志を継ぎ、世界で1本のみの限定品として提供される。はたして、この貴重なユニークピースがどのくらいの価格で落札されるのか、興味深いところである。

2019最高級Nランクのピアジェスーパーコピー通販です。当店のピアジェコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク