カルティエの時計作りの核心に迫る特別展、チューリヒでスタート!!

2009年、東京国立博物館表慶館で開催された特別展『「Story of …」カルティエ クリエイション~めぐり逢う美の記憶~』を覚えているだろうか?
日仏交流150周年を記念して、カルティエが所有する1,300点のアーカイヴピースを中心に約250点を展示したこの展覧会は、人々の記憶にアプローチする吉岡による展示はもとより、ジャン・コクトーがカルティエに残した言葉にインスパイアされてデザインしたというパフュームボトルも素晴らしく、多方面から絶賛された。

その吉岡が、再びカルティエの展覧会を手がけることに。それが、カルティエの時計作りの起源から今日までのコレクションのなかからこれまで最多の数を一般公開、カルティエの創造性に触れる機会とする特別展『Cartier Time Art』である。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク