人気上昇の転換点となったアイコンデザインの採用

ベル&ロスというと、特徴的なスクエアケースと航空計器を模した文字盤の角形BRのイメージが強いが、じつはそれよりも前に登場していたのが丸形の「ヴィンテージ」である。純粋なベル&ロス製品としては第1作となるこのモデルは、’40年代のパイロットウォッチをオマージュする形で’97年に発表。シンプルでけれん味のないラウンドケース、視認性を重視した黒文字盤、サファイアクリスタルで再現された膨らみのある風防などは、それを彷彿させるに十分な仕上がりだった。

2000年代に入るとマイナーチェンジを経て、’10年に一大転機が訪れる。時計界のアイコンに成長した角形BRの文字盤意匠を大々的に取り入れ、名称も「ヴィンテージ BR 126」に変更。よりインパクトに満ちたデザインのモデルへと大胆に変貌を遂げたのだ。これによって、それまで別物と思われていたヴィンテージと角形BRは対をなす関係となり、このブランド戦略が見事にはまったことで、人気・注目度とも急上昇したのである。

そして昨年、ヴィンテージはついに第3世代に突入。一時は拡大傾向にあったケースは縮小され、時計のフォルム自体もフラットに。ブラックのタキメーターベゼル、ねじ込み式のプッシュボタン、リューズガードといった新たな装備も手にし、いっそうスタイリッシュな1本へと進化している。

オールドパイロットウォッチのアイデンティティは堅持しながら、ベル&ロスらしい独特のセンスで時代に即した変遷を続けてきたヴィンテージ。次なるステージにも大いに期待したい。

スーパーコピー時計を生産しているNOOB工場のサイトです。最高級のレプリカ時計をH直々生産して工場出荷価格で販売しています。弊店のすべてのスーパーコピー時計は3年無料保証になります。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク