腕時計の魅力はいくつもあるが、なかでもメーカー

ネームバリュー、機能性、希少性など、腕時計の魅力はいくつもあるが、なかでもメーカー、ユーザー双方にとって特別な価値を持つのが独自の歴史やバックグラウンドだろう。技術やデザイン性などは新興ブランドでも努力次第で後から獲得することができるが、歴史やバックグラウンドは一朝一夕では手に入らないからだ。

そんな、歴史やバックグラウンドが生み出す魅力を体現しているのが、過去に作られていた時計をベースに製作される“レトロデザイン”のモデルだ。

レトロデザインと言われても多くの人はピンとこないかもしれないが、簡単に説明すると、1960年代後半から80年代くらいにかけて作られた、近未来的で奇抜なデザインのこと。

時計のデザインでよく使用される“クラシック”が70年代より前のドレス系の時計からインスパイアされたスタイルを示すのに対して、レトロはもう少し歴史が浅く、スポーツ系のモデルやデジタル系のカジュアルなモデルをベースにしているのが特徴。

ひと昔前までは、その奇抜さから、玄人好みでヒネリの効いたジャンルとして認識されていたのだが、モチーフとなった70年代の時計が、誕生して約50年の月日を経たことで、その独特なデザインを再評価する動きがみられるのだ。

2019最高級Nランクのウブロスーパーコピー通販です。当店のウブロコピーは、工場直売ですので、御売価格にて高品質な商品を御提供致しております。お問合せは担当 細田。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク