エルメスエルメス、2007年ワールドウォッチ年鑑

ディスプレイブースが大幅に拡大し、メディアのニーズによりよく応えるために新しいニュースセクションが設置されたため、エルメスのブースはさらに印象的です。エルメスはこの機会を利用して、時計製造と革加工における並外れたスキルを十分に発揮しました。

2006年の終わりにオープンしたスイスのビルにあるエルメスの時計と革工場の開設を祝うため、エルメスは革の職人を特別に招き、縫合や穿刺位置のマーキングなど、生産プロセスの最終段階を実演しました。中綴じ、およびサンディング、研削、漂白、およびイコライジング方法を使用してエッジ位置を変更し、縫い目とベルトのエッジの間に折り目または溝を残し、最後にリングの形状と縫い目を形成する行。

エルメスの最大の動きは、サンドウォッチファミリー財団からVaucher Manufacture Fleurierの25%の株式を取得し、機械式時計の生産における地位と認知度を強化することです。近い将来、新しい自己生産型ムーブメントが開始されると推定されています。 Vaucherは現在、年間6,000の機械式ムーブメントを生産していますが、2007年には10,000に増加すると予想されており、長期目標は年間20,000桁です。 Vaucherの顧客は、業界で最も尊敬されている時計ブランドです。エルメス側では、高度な機械式時計市場での継続的な拡大戦略を実行することが非常に強力で強力であるため、Vaucherの反対側では、エルメスのサポートを通じて事業開発を継続的に促進することも可能です。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク