ブヘラの歴史先見の明のある時計職人の一人

カール・フリードリヒ・ブヘラは間違いなく最も先見の明のある起業家の一人です。 1888年には早くも、ビジネスで主導権を握るには、故郷のルツェルンで活況を呈している観光産業の機会をつかむ必要があることを明確に認識していました。当時、山中の空気を吸い、美しい湖の景色を楽しみ、温泉と温泉を楽しむために、観光客はヨーロッパのあらゆる方面から中央スイスにやって来ましたが、カール・フリードリヒ・バウゼライはこれらの時計製造愛好家に熱心でした。消費の可能性。これらの特別な顧客のニーズを満たすために、彼はルツェルンにIWCコピー時計と宝石を専門とするブティックをオープンしました。そして、これは並外れた起業家のキャリアの礎石です。

1919年、カール・フリードリヒ・ブヘラは、市場に対する彼のビジョンを表現するために、彼自身の名前で時計、つまりアールデコと呼ばれる女性のコレクションを製造し始めました。彼は野心的であるだけでなく、彼が働いている業界についての正確な理解も持っています。当時、カール・フリードリッヒ・ブヘラの名前は品質と創造性の代名詞となりました。彼は真の勝者であり、1920年代まで、彼は業界の先駆者となりました。妥協のない品質に基づいて、カール・フリードリッヒ・ブヘラはいくつかの急進的な選択を行い、製造業を見ることに専念しました。腕時計は第一次世界大戦中に非常に人気を博しましたが、当時の業界ではそれについて自信を持った人はほとんどいませんでした。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク