IDCレポートは、今後数年間のスマートウォッチの成長について楽観的です

月の初めにIDCが発表した統計によると、今年の第1四半期に、AppleはApple Watchのウェアラブル分野で1位であり、出荷は前年比で13.5%増加しました。 Xiaomiが2位、Fitbitが3位でした。 今年の全体的なデータと今後の展開に関して、IDCは将来に向けて新しいレポートも発行しています。

報告書によると、今年の世界のウェアラブル端末の総出荷数は、前年比8.2%増の1億2,490万台に達すると予想されています。 ただし、この増加は昨年よりも低くなっています。

もちろん、2022年を期待すると、平均年間平均成長率は12.5%に達するため、今年の8.2%は一時的な「トラフ」に過ぎません。

カテゴリーの観点から見ると、スマートウォッチは今年もウェアラブルデバイスの「リーダー」であり続け、2022年のシェアは45%近くまで増加し、ブレスレットのシェアをかなり奪うと予想されます。 スマートウォッチの中で、AppleのwatchOSは今年も引き続き強力であり、Google Wear OSは成長し続けます。 さらに、スマートウェアとイヤリングの見通しも大きく、2022年までに複合成長率は最大54%に達します。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク