クラシックツアーロレックスRef.8171「パデローネ」ウォッチ

イタリア人以外にとって、「パデローネ」というニックネームは美しいが、その本来の意味は「パン」である。ロレックスの歴史の中で最も美しい時計の1つを表すと考えてはならない(Ref。8171)。 このモデルは1950年代初期に誕生し、直径38 mmで、当時「大きな」時計と見なされていました。 Ref.8171の直径は、Rolex Ref.6062フルカレンダーウォッチの直径より2mm大きく、ケースデザインは簡素化されていません。

ロレックスの巧妙なレイアウトは、バランスの取れたエレガントな時計を生み出します。 ケースは頑丈で、ラグは丸く、ベゼルは平らで控えめで、幅は適度で、ダイヤルは美しいです。 ポインターの日付表示を採用し、スケールサークルは外縁に設定されているため、日と月の表示ウィンドウとムーンフェイズディスクがダイヤルの中央にあまり近くに見えません。 キャリバー10 1/2自動巻きムーブメントを搭載した小さな秒針は、6時位置の上のムーンフェイズ表示に組み込まれています。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク