スイスとスイスの時計協力ワーキンググループの第5回会議がスイスのビールで開催されました

スイスとスイスの時計協力ワーキンググループの第5回会議がスイスのビールで開催されました!産業情報技術省の消費財産業部長である高延民と中国時計協会の張紅光会長が中国代表団の副代表を務め、12名の代表団がこの会議に参加した。 2013年8月26日にベルンで開催された中国とスイスの時計協力作業グループの最初の会議以来、中国とスイスの政府と業界団体は過去6年間で合計4回の会議を開催しています。時間の経過とともに、中国とスイスはコミュニケーションと交流を通じて相互理解と進歩を深め、共通の関心事と協力分野の拡大について継続的に議論してきました。

この会議では、中スウェーデン時計作業部会の第4回会議の議事録のフォローアップをレビューしました。中国側は、「中国の電子商取引プラットフォームにおける知的財産保護システムの確立の探求」を紹介し、「中国とスイスによる時計の真正性鑑定士の合同訓練に関する提案」に応え、スイス側は「スイスで作成された法律に関する説明ノート」と交換を提供した「スイスの地理的表示と関連する証拠を誤用している時計ブランドのリスト」、中国は新しいトピック「中国とスイスのスマート時計技術の交換と協力」、「より正直な時計メンテナンスサービスシステムの確立を共同で推進」、「中国とスイスの協力による中国の育成」消費者市場を見る。

カテゴリー: 私の写真は パーマリンク