セイコーGS:含意に加えて、価値もあります

日本のセイコーセイコーの話は、1881年に服部金太郎が東京の中心部に時計修理店をオープンしたときに始まりました。 11年後、この会社は最初の時計を生産し、それ以来時計製造業界に足を踏み入れました。 1938年、セイコーは東京都江東区鬼頭に第二精工舎を設立。 1950年代末、長野県諏訪市にある第2精工舎が独立し、「諏訪精工舎」となる。 その結果、セイコーブランドの時計は、この2つの異なるセイコー企業の子会社によって製造されたものであり、これは、同社が良好な競争関係を形成できるようにするためです。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク