アルフレッド・ヘウィグと空飛ぶトゥールビヨン

フライングトゥールビヨンは1920年にグラシュッテの小さな町で生まれ、有名なドイツの時計職人アルフレッドヘウィグによって開発および発明されました。 従来の両面固定トゥールビロンとは異なり、Heweigがデザインしたトゥールビロンは底部のみが固定されているため、檻の中を「飛んでいる」ように見え、エレガントなスタイルを見せてくれます。

オープンデザインのケージでは、バランスホイールとエスケープメントがそれぞれの軸を中心にスムーズに回転し、毎分360度正確に回転します。 この設計により、トゥールビヨンは時計の精度に対する重力の悪影響に効果的に対抗することができます。弊店はスーパーコピー時計のN工場直販店です。スーパーコピー腕時計出荷品毎に厳しい検査が行われていますので、品質についてはご安心してください。

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク