自動巻き時計の時間が遅れてしまったり

腕に着けて生活しているのにすぐに止まってしまったりする事例。冒頭で「巻き上げ不足」を指摘しましたが、本当に故障ではないのでしょうか。

確かに、故障の可能性はあります。

よくある故障例としては、内部の潤滑油が切れてしまい、ローターによる巻き上げが重くなってしまった。また、ホコリなどの異物が入ってしまった。
その他にはゼンマイが切れていたり、リバーシング(切替車)が摩耗してしまっていたりといったものが挙げられます。

※ローター…ムーブメントを裏蓋側から見た時に最前列にくる、半円形の比較的大きいパーツ。この回転によってゼンマイが巻き上げられる

※リバーシング…ローターの回転をゼンマイに伝える仲立ちパーツの一つ。もっとも、ここが破損しているとリューズ巻き上げの際にローターも回る等、症状がわかりやすい

カテゴリー: 時計NEWS パーマリンク