腕時計の秒針はなぜ動かないですか

1、腕時計は比較的に精密な器具なので、多くの部品は非常に脆いです。だから一旦伯爵の腕時計が強い衝撃を受けたり、生きている中で勝手にぶつかったりしたら、伯爵の腕時計の部品が壊れやすくなります。
2、一般的には、盗む時も走る時も、動力が足りないからです。もちろん、伯爵の腕時計の秒針が動かないのも動力がないからかもしれません。腕時計の回転は動力によるものです。動力の源は上弦と装着時間が長いことです。
3、アールウォッチは回る途中で、秒針が分針、秒針に触れたり、時計のガラスに当たったり、秒針がついてる過程で邪魔になります。これらの場合はアールウォッチの秒針が動かなくなります。
4、伯爵の腕時計は水を使っても秒針が動かないようになります。伯爵の腕時計が雨や海水などに触れると、腕時計が水になります。そのため、繁忙期は伯爵の腕時計の内部の部品が水に侵されてさびが長くなります。
5、伯爵の腕時計の秒針が緩むのも繁忙期の一秒針が動かない原因で、このような現象は通常運動後に発生します。激しい揺れのため、秒針内部の歯車が緩むことがあり、秒針が動かない現象を引き起こします。
6、他にもう一つのケースがあります。伯爵腕時計の秒針は組み立て中に高すぎると、後続の秒針が歯車に触れずに止まってしまうこともあります。これらの場合は伯爵腕時計の仕上げに問題があるため、このようなことは珍しいです。

カテゴリー: 日記2018 パーマリンク