繊細なブルーフュメダイアルが美しい希少バージョン

「エンデバー・センターセコンド コンセプト ファンキーブルー」Ref.1200-0215 291万5000円/自動巻き(自社製Cal.HMC200)、毎時2万1600振動、約72時間パワーリザーブ。18Kホワイトゴールドケース(シースルーバック)、アリゲーターストラップ。直径40mm(厚さ10.7mm)。日常生活防水。世界限定100本
H.モーザーの代名詞ともいえる美しいフュメダイアルが際立つ3針式リミテッドモデル。インデックスやブランドロゴも排してミニマリズムを追求したデザインは、時計界の誇張されたマーケティングへのアンチテーゼでもある。

カテゴリー: 時計NEWS | 繊細なブルーフュメダイアルが美しい希少バージョン はコメントを受け付けていません

未来志向の人々に向けたロマン溢れる実用ウオッチ

オリエントスター初の月齢表示モデルは、2017年に誕生した。その大ヒットからブランドのフラッグシップを担い、約3年を経てコンテンポラリーコレクションから最新作が登場!

本機の特徴は、ブレスレットのみの展開という点だ。これはもちろん、高頻度かつ長時間のビジネスユースにも耐える性能を求めた結果だろう。その証拠に、従来機と同じ46系F7ムーブメントの駆動時間を2日間以上に向上させているのだ。ちなみに、本機の圧倒的ハイコストパフォーマンスは、昭和46年からの伝統を持つムーブメントによるところが大きい。

外観に目を移せば、ザラツ研磨に立体文字盤など、舶来高級機に比肩する仕上げやデザインが満載。セミスケルトン部を地球に見立て、それを月から眺めるという趣向もユニークで、3時位置の立体ロゴはさながら月のクレーターのよう。振動するテンプは地球上の生命のごとく躍動し、人々を鼓舞する。こうした時の流れを様々な意匠で表した本機こそ、日々の生活の質を高める“相棒”に相応しい。

カテゴリー: 私の写真は | 未来志向の人々に向けたロマン溢れる実用ウオッチ はコメントを受け付けていません

国内3店目となるブティックならではの魅力

オーデマ ピゲ ブティック 名古屋」は、百貨店や一流ブランドのブティックが軒を連ねる名古屋市中区栄3丁目に立地する。同市中心街というだけでもプレステージ性が高いことがうかがえるが、中2階を含めた4つのスペースから構成される店舗は、ビルひと棟を贅沢に使ったフラッグシップショップらしい魅力に満ちている。

売り場面積約185㎡のラグジュアリーな空間は、オーデマ ピゲを専門に扱うショップとしては日本最大。外観から内観まで余裕が感じられ、存分に時計選びを堪能できる工夫もなされており、同時にスイスきっての老舗ブランドの世界観も体感できる。

カテゴリー: 私の写真は | 国内3店目となるブティックならではの魅力 はコメントを受け付けていません

しかしダイバーズウオッチ並みの安心できるスペックとデザインを備えた

70年に渡って伝統を継承する国産時計ブランド「オリエント(ORIENT)」は、自社で機械式ムーブメントを製造できる技術力を備え、幅の広いラインナップで世界中にユーザーを持つ。今回発表されたダイバーズルックのコレクションは、あくまでも実用性に重点を置いた仕様と適正価格が特徴となっている。

ある年齢に達すると、本格的な腕時計が欲しいと感じる人は意外に多い。しかしムーブメントが機械式の時計は価格が高いという認識が根強く、またクオーツに比べて扱いにくいと考えられている。しかしもっと手に取りやすく、自由に気軽に機械式時計を楽しめるブランドもある。その代表格が「オリエント(ORIENT)」といえる。

カテゴリー: 私の写真は | しかしダイバーズウオッチ並みの安心できるスペックとデザインを備えた はコメントを受け付けていません

クロノグラフ針までシルバーに統一した“逆パンダフェイス”

ブライトリング「クロノマット B01 42 ジャパンエディション」Ref.AB0134101B2A1 97万9000円/自動巻き(自社製Cal.ブライトリング01)、毎時2万8800振動、約70時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース(シースルーバック)&ブレスレット。直径42mm(厚さ15.1mm)。200m防水。日本限定発売
新クロノマットの日本限定仕様は、クロノグラフ針をシルバーとしたモノトーンな表情が特徴。ルーローブレスレットはポリッシュとサテンで仕上げ分けされ、ラグからストンと下に落ちる構造が装着感のアップに貢献している。

カテゴリー: 時計NEWS | クロノグラフ針までシルバーに統一した“逆パンダフェイス” はコメントを受け付けていません

世界最薄の自動巻きウオッチに表現した永遠なる時と光の共演

2020年初頭、世界最薄で知られる「オクト フィニッシモ」に生まれた2本のニューモデルは、日本を代表し、世界でもその名を轟かせる建築家・安藤忠雄氏がデザインを担当したものだった。同コレクションの発表記念パーティにて、安藤氏は次のように語っていた。

「アインシュタインの時代から100年を経て、2019年『史上初、ブラックホールの撮影に成功』という報道が流れました。このデザインコンセプトも、ブラックホールです。秒針の根元から渦を巻く螺旋は永遠なる時間、その奥行の象徴です。ローマのパンテオンの天蓋から落ちる光、太古の昔から時の移ろいを伝えてきたあの光のように、いつまでも残る時計であってほしいと思います」

カテゴリー: 私の写真は | 世界最薄の自動巻きウオッチに表現した永遠なる時と光の共演 はコメントを受け付けていません

2020年の時計界を盛り上げた一本

2021年も一週間が経過し、社会が“日常”を取り戻しつつあったかのように見えたものの、ここにきて一都三県では緊急事態宣言が発出される見通しとなった。およそ一年の間、新型コロナウイルス感染症に悩まされる日々が続いている。そこで、一年前にはどんな新作時計がリリースされたか、記憶をたどってみた。多数のニューモデルの中でもWATCHNAVI編集部が気になった存在が、「ブルガリ(BVLGARI)」と日本人有名建築家とのコラボレーションウオッチである。

カテゴリー: 時計NEWS | 2020年の時計界を盛り上げた一本 はコメントを受け付けていません

グランドセイコー T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン

グランドセイコー60周年を彩るコンプリケーション、「T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン」。
WMOでは、速報としてニュースと恒例の「推測」記事を掲載いたしました。
その「答え合わせ」と、“どのような方がどんな考えでこれに至ったのか?”を知りたいと思い、開発者の川内谷 卓磨(かわうちや たくま)氏へのインタビューを行い、開発に至った経緯や、気になる精度などを伺いましたのでレポートいたします。パネライスーパーコピー等のブランドコピー時計を販売しています。弊店のすべてパネライコピー時計の商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

カテゴリー: 時計NEWS | グランドセイコー T0 コンスタントフォース・トゥールビヨン はコメントを受け付けていません

GPHG 2020 ラ・ショー=ド=フォンの夜

時計業界の年末の風物詩、GPHG(Fondation du Grand Prix d’Horlogerie de Genève)のシーズンがやってきました。
各部門6本のプリセレクトピースが選ばれ、展示ツアー…ですが、今年は移動が圧倒的に制限されるためスイス国内のみのツアーとなったようです。

第一弾として、ラ・ショー=ド=フォンの国際時計博物館(MIH Musée international d’horlogerie)にて10月15日から18日までプリセレクトピースの展示が行わる予定で、14日には感染症対策をしながらキックオフパーティーも行われた…とプレスリリースが届きました。ロレックススーパーコピー等のブランドコピー時計を販売しています。弊店のすべてロレックスコピー時計の商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

カテゴリー: 時計NEWS | GPHG 2020 ラ・ショー=ド=フォンの夜 はコメントを受け付けていません

シルヴェスター・スタローンが着用したパネライ ルミノール

スタローンが出品するルミノールRef.PAM5218-201/Aは、パネライの歴史の中でも特別な位置付けにある時計だ。1860年に創業したパネライは当初、イタリア海軍向けのダイバーズウォッチと精密機器の製作を専門とし、市販の腕時計は手掛けなかった。しかし1993年に自社の初期モデルの復刻モデルを作り、民間向けの展開を始めた。これが677本のみが生産されたと言われている「プレヴァンドーム」のロゴを持つRef.PAM5218-201/Aだ(パネライがヴァンドーム グループ、つまり現在のリシュモン グループの傘下となる前の93年から97年にかけて製作された時計がプレヴァンドームと呼ばれる)。市場に現れてから間もない90年代、パネライを知る人は世界にまだ多くなかった。これらの数少ないモデルのうちの1本が、人知れずスタローンのものとなったのだ。NOOB製の【Tag Heuer】タグホイヤーコピー|タグホイヤースーパーコピー等のブランド時計を販売しています。[NO.1]

カテゴリー: 私の写真は | シルヴェスター・スタローンが着用したパネライ ルミノール はコメントを受け付けていません